>

環境に優しく

捨てる前に

産業廃棄物は、処分される前にリサイクルできる物はリサイクルされます。
複数回のチェックが入ります。
すべての確認でリサイクルできないとされた産業廃棄物だけが処分されます。
最近では、分解して材料としての再利用ができるようになり、リサイクルの幅が広がりました。
工場などは環境問題に配慮して、使える部分は何度も再生して産業廃棄物を少なくする努力をしています。
現代社会で大きな問題となっている地球温暖化に対しても、ちゃんと貢献していることがわかります。
工場等から出る産業廃棄物は、何度もリサイクルされた末の産業廃棄物なのです。
今日の産業の世界では、処分する前にリサイクルすることが当たり前となってきているのです。

他の物にも

処分前のチェックで、リサイクルされる産業廃棄物の中には同じ物としてではなく、他の物にも変わるようなものもあります。
そうすることで、リサイクルの幅が広がって廃棄物も少なくなります。
例えば、牛乳パックがトイレットペーパーにリサイクルされるのは有名です。
プラスチックも分解して、原料として他の製品になります。
耐久性のなくなってしまったプラスチックは、Tシャツになったりします。
同じ製品になるには不十分でも、捨てることなく私達の生活に役立つのです。
産業廃棄物となるまでに何度も色んな物に変化しているのです。
このように考えると、リサイクルの仕方は無限大なのだと感じます。
産業廃棄物が少なくなるような工夫がたくさんされているのです。


この記事をシェアする